丸屋九兵衛主催【BTS Day ⁷】~私たちが恋した防弾少年団の歌、曲、音〜BULLETPROOF LUV AFFAIR

Description
新作を出すだけなのに、なぜ「カムバック」と言うのか。
アルバムとミニアルバムとEPとシングルアルバムの定義は何なのか。
リードヴォーカルとメインヴォーカル、リードラッパーとメインラッパーの違いは何なのか。

わからないことはたくさんあるが、一つハッキリとわかっているのは……

我々はみんな、BTSこと防弾少年団こと防彈少年團ことバンタンソニョンダンが大好きだということ!


アルバム『LOVE YOURSELF 轉‘Tear’』『LOVE YOURSELF 結‘Answer’』『Map of the Soul: Persona』が3作連続で米ビルボードチャート初登場1位となり、不動の地位を築いたBTSこと防弾少年団。
つい先ごろもニューヨークのタイムズスクエアで開催された年末カウントダウン・コンサートに参加、ポスト・マローンらと並んでヘッドライナーとしてパフォームしたことが記憶に新しい。

そんな彼らを愛してやまない「音楽評論界のBTS親善大使」こと丸屋九兵衛(QB)は、BTSにインタビューした経験があるジャーナリストにして、K-POPを真剣に語る数少ない評論家でもある。



【BTS Day】もしくは【BTS Night】シリーズは、そのQBが防弾少年団の曲を独自基準で選出し、彼らに影響を与えたアーティストたちの曲も交えながら解説付きでプレイ!というDJ/トーク/飲食のハイブリッド・イベントだ。

2018年から、東京では新宿、白金高輪、池袋、大阪では宗右衛門町と心斎橋で開催され、満員・大盛況が通常モードに。
そのBTSイベントが帰ってくる。

アルバム『Map of the Soul: 7』発売直後、奇しくも今度が⁷回目!


今回は昼時でも夕食時でもない時間帯だし、2月なので(ヴァレンタインと呼ぶには少し遅いが)チョコレート・イベント!
我らがJ-HOPEことチョン・ホソクの満26歳の誕生日を勝手に祝し、チョコレート各種(予定)に舌鼓を打ちながら、爆音BTSざんまいだ!

必聴は、MIC Drop各バージョンをノーカットで聴き比べる「MIC Drop地獄」。これにはスティーヴ・アオキもビックリするはず!
(全米本格ブレイクの契機となったその名曲“Mic Drop (Steve Aoki Remix)”にQBの友人が関わっていることが遅まきながら判明……)

そんなQB主催のBTSデイへ……集まれ、ARMYたちよ!


..............................................................
【丸屋九兵衛(まるや・きゅうべえ)】
京都府京都市伏見区稲荷神社まれ。ヒップホップ/R&B専門誌『ブラック・ミュージック・リヴュー』出身、同誌がウェブサイト化した『bmr』の主にして特殊系音楽評論家。私設「K-POP研究会」会長。J-HOPEに関して話す時に涙ぐむ癖がある。
..............................................................

※このイベント料金には、チョコレート(&その他の菓子も追加されるかも)のぶんも含まれています。
※ただし飲料は主催者側から提供しません。お客様自身で持ち込み可能です。また、会場(地下1階)と同じビルの2Fにはカフェがあり、そこからテイクアウトもできます。
※開演の30分前から入場可。
※指定席券ではありません。見やすい位置は当日、早い者勝ちです。
※今回の会場は銀座のBasement GINZAです。
※主催者側の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルは対応不可能。ご了承ください。
※このイベントに関しては、本ページを介しての予約&お支払いをお願いします。予約で満員とならなかった場合に限り、当日、会場受付での現金精算を検討する可能性があります。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#513738 2020-01-20 06:33:45
Sun Feb 23, 2020
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
防弾少年団(BTS)の音楽&入魂解説&秘話を聴きながら、チョコレートに舌鼓を打つのだ ¥3,007

Combini / ATM payment will be closed at the end of Feb 22, 2020.

Venue Address
中央区銀座4丁目3−5 銀座AHビル Ploom Shop 銀座店 B1F Japan
Organizer
丸屋九兵衛 QB Maruya
174 Followers